2015年08月09日

2014年04月18日

迷惑メール対策は・・・

今日の『よくあるお困り』の紹介は、
ずばり、迷惑メールについて。

携帯メールやフリーメール等は、
各社かなり迷惑メール対策が進んできましたので、
「迷惑メールで困る!!」ということが少なくなってきましたが、
困っている方が多いのが、
「プロバイダ」系のメールの場合です。

プロバイダ系のメールとは、インターネット契約したときに、
「これがメールアドレスです」といわれ、
なんとなく設定して(されて?)、なんとなくそのまま使っている
(という方が一番多いあせあせ(飛び散る汗)
メールアドレスです。


対策方法は有料・無料含め、いろいろあるのですが、
無料で一番効果の高いと思われるのが、
Googleのメールサービス「Gmail」を使う
という方法。

私も長年Gmailを使っているのですが、
迷惑メールをかなりの確率で振り分けしてくれますグッド(上向き矢印)

が、あまりに機能が強力すぎて
重要なメールも迷惑メールに振分けてしまうのが
たまにきずなのですが・・・
(月に数回は「迷惑メールフォルダ」をチェックします)


それでも迷惑メールの量があまりに増えてしまって、という方には
かなり機能すると思いますよ手(チョキ)


まぁ、迷惑メール対策の一番の方法は
「メールアドレスを変えてしまう」
ことが一番有効なのですがあせあせ(飛び散る汗)
それもなかなか面倒ですよね(−−;


自分で設定出来ない、
重要なメールも多いのでそれ以外の方法を知りたい、
等ありましたら、その方の用途にあった迷惑メール対策を
お伝えしますので、是非ご来店くださいかわいい



ブログ用フッター画像.jpg
 http://andfostory.com


posted by アンドフォストリースタッフ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2014年04月12日

パソコンの価格について 追記

前回のブログで「今のパソコンの価格は適正」と書きましたが、
それについて少し補足です。

パソコンの販売価格は、PC本体の価格の他に
WindowsOSの料金や
WordやExcelなどのOfficeソフトの料金なども
含まれています(OfficeがインストールされていないPCもありますが)


一つの例ですが、
現在の最新OSである、Windows8.1が「13,800円」(税抜き、参考価格)
Officeに至っては、一番低機能のOffice Personal 2013で「32,184円」(定価)


もちろん、この値段がこのままでのっかっているわけではありませんが、
「Word、Excelだけ使えればいい」という最低限の希望を叶えるだけでも、
なんと4万5千円を超えるのです。。。爆弾

でもWindowsやOfficeを提供している、ご存じマイクロソフトは
ほとんどこの辺の値段について値下げをしていないとのことなので(強気っ)
いかに数年前のパソコンが安かったか、
ということを言いたかったのです。


ってか、たけーよ、マイクロソフトむかっ(怒り)


という声が聞こえてきそうですが(あ、私の心の声か?)

「Windowsをやめる」
という選択肢も一つにあります。

先日、今ひそかに話題のGoogle社が出している無料のOSぴかぴか(新しい)
「Chrome(クローム)OS」
なるものを試してみました。


結果。。。。


まだまだマイクロソフト社にお世話になりそうあせあせ(飛び散る汗)
という結論に至りましたが、

もうちょっとなんとかなりませんでしょうかぁぁぁ、ゲイツさーんもうやだ〜(悲しい顔)



・・・という願いは簡単には叶いそうもないので、
なんとか知恵を絞り、
パソコンの価格と戦っている今日この頃です




ブログ用フッター画像.jpg
 http://andfostory.com


posted by アンドフォストリースタッフ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2014年04月10日

パソコン購入あるある

WindowsXPのサポート終了も絡んで(か?)、最近はPCの
『購入相談+PCお引越し』のご依頼が大変増えています(ありがたや〜)

パソコンを買うのって、本当に難しいですよね爆弾
特にパソコンの価格については、何が適正なのかがまったくわからない
という相談をよく受けます。


ここで知っている知識を少し。。。

Windows95、98が発売した当初、
パソコンは20万円超えという価格が当たり前の時代でした。
2000年代に入り、パソコンが一般大衆化され、パソコン価格が下落。
WindowsXPが登場し、その人気も相まってパソコンの出荷台数が増加
それに伴い価格競争が激化し、価格の下落が止まらず、
2005年以降は、3〜5万円というパソコンが普通に店頭で並ぶように。

2010年代に入り、スマホやタブレット機器の登場やWindowsOSの更改など
様々な要因は絡むのですが、パソコン価格が再び10〜20万円ほどに。
(要因を書くだけで長〜〜くなるので、割愛)

こうやってみると、時代によってパソコンの価格が大きく変わっている、ということです。
特に2005年〜2010年の時代は、あまりに「安すぎた」と私は思っています。
今ぐらいの価格が適正価格なんだろうな、という印象です。
(それは意見が分かれるところですが。。。)


ここから本題。
今パソコンを買い替えようとしている方の多くが、
3〜5万円パソコンの時代に購入されているため、
「5万円以下でいいパソコンを」
と言われることが非常に多いのです。

もちろん今でも低価格パソコンは販売されています。
しかし購入相談を受けた場合、残念ながら
私たちは低価格パソコンをお勧めすることはありません。

パソコンは「故障」のリスクをどうしても考えなければなりません。
すべてがそうだとは言いませんが、
やっぱりパソコンは「安かろう、悪かろう」が顕著です。
(でも「高い=良い」でもないので、そこが難しい)

安いパソコンを買って、5年使って2〜3回故障

通常価格のパソコンを買って、5年使って0〜1回故障
のどちらがよいか、ということになるのです。


長々と書きましたが、つまり何が言いたいかというと、
購入相談の時は、あんまり無茶は言わないでぇ〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)

というお願いでしたあせあせ(飛び散る汗)



ブログ用フッター画像.jpg
 http://andfostory.com


posted by アンドフォストリースタッフ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2014年03月24日

スパイウェアが検出されました?

以前ブログで「故障やお困りは千差万別」と書きましたが、
それでも「あるある」は存在します。

少し前から増えているのが、
インターネットを見ていると『スパイウェアが検出されました』
という表示が出て邪魔むかっ(怒り)というものです。
201310202030557e0.jpg


その他にも

・お使いのPCがクラッシュ寸前です
・コンピュータに感染ファイルが見つかりました 今すぐ無料で修正
・お使いのパソコンの性能が低下しています


などなどなど、
パソコンのあらゆるところから、
いろんなメッセージが事あるごとに出て
脅しをかけます。。


ここで『邪魔だから、インストールしちゃおう』なんて思ったら
ダメ、絶対!


これらすべて詐欺広告なので、
絶対ダウンロード・インストールしてはいけませんexclamation×2

なぜダメか?

これでパソコンが高速化するんならいいのでは?


答えはNoです。


これらすべて詐欺なので、
高速化どころか、実はパソコンのシステムをグッチャグチャにして爆弾
最悪パソコンが使えなくなってしまうのですどんっ(衝撃)


特にびっくりしたのが、
そういう表示の横に「Microsoft Partner」というロゴがあること。
Microsoftのものかと信用しそうになりました・・・。
もちろん、その表示もインチキ。


とにかくこの手の表示が出て困っている方は、
一度お気軽にご相談くださいませ。


【参考記事】
エラーを見せつけ不安を煽って購入誘導する要注意な迷惑ソフト

↑種類もいっぱいあります。ぜひ一度ご確認を



ブログ用フッター画像.jpg
 http://andfostory.com



posted by アンドフォストリースタッフ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2011年01月11日

Vistaで使うExcelが遅い!

私は時代の流れに逆い、いまだにWindowsXPのヘビーユーザーなのですが、
XPのパソコンはデスクトップのため、どうしても出先での資料作成は
Vista搭載のノートパソコンで。。。となってしまいます。

ある日、そのVistaマシンでExcelを使っていたところ。。。


遅いexclamationexclamationexclamationexclamation


Vista−Excel2007の組み合わせが、
文字の入力、行の操作、セルのコピペなど、
どれをとっても遅いんです

パソコン自体は画像処理を行うために、
メモリを4G(32bitなので正確には3Gですが…)も積んでいるのに、
そんなの関係ないねーと言わんばかりに、1処理1処理に20〜1分ほど待たされます。。。

インターネットで調べてみると、同じような悩みの方が多いようで、
どうなってんだMicrosoftぉ〜〜〜むかっ(怒り)

・・・と嘆いててもしょうがないので、
ちょっとでもマシになるように、いろいろ調べてみました。

同じお困りの方、試してみてはいかがでしょう?

1IMEを変更する
まず、セルに文字を入力するとき、
入力してから変換が始まるまで随分タイムラグがありませんか??
これはどうやらExcelが悪いわけではなく、
『IME』という日本語入力ソフトが原因だということがわかりました。

IMEが『Microsoft Office IME 2007』になっていたら、『Microsoft IME』に変更することで
文字入力に関してはかなり快適になりました。
変更することで、予測変換機能や顔文字変換が使えなくなりますが、
私は変えてもそこまで不都合を感じてはいないので、
遅いのを解消したい方はオススメです。
やり方は、マイクロソフトサポートに載ってましたので、ご参照下さい
http://support.microsoft.com/kb/932104/ja

2Excelのアニメーション表示をやめる
次にExcelのオプション設定にてほんのちょっとだけ早くなったかなぁと
感じられる方法を・・・。

まずExcel画面の左上にある「Officeボタン」をクリックし、
「Excelのオプション」ボタンをクリックします。
Excel_late01.jpg

出てきたウィンドウの左側にある「詳細設定」を選択し、
『全般』欄の「操作をアニメーションで表示する」のチェックをはずします。
Excel_late02.jpg

すこ〜〜〜しだけ早くなる(?)かもしれません。

3Windows自体の表示を変える
あとは、Windowsの画面設定を『Windows クラシック』に変更するという方法を見つけました。

デスクトップ上で右クリックし、コンテキストメニューから「個人設定」を選択します。
Excel_late03.png

個人設定画面から、「テーマ」を選択します。
Excel_late04.png

テーマ欄から「Windowsクラシック」を選択し、OKをクリックします。
Excel_late05.png

少ししたら、昔のWindows風の画面に変わると思います。
Excel_late06.png


これだけやっても遅いは遅いのですがあせあせ(飛び散る汗)
ちょっとでも良くなれば・・・とお思いの方はやってみて下さいかわいい



サーチ(調べる)アンドフォストリーホームページはココをクリック
andfostory_image.png


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年12月10日

Cドライブがいっぱい!【5】パーティション変更

「マイドキュメントを移動したけど、Cドライブの危機的状況が変わらない!!」
とお嘆きの方、お待たせいたしました・・・m(_ _)m

Dドライブはがら空きなのに、Cドライブはいっぱい!
という方必見!の方法を今回は書いていきたいと思います。



その方法は「パーティションの変更」をフリーのツールを使って、
行っていくというものなんです。

『パーティション』とは、分割または仕切りの意味なんですが、
パソコンに用いて使う場合は、「ハードディスク内の分割された領域」のことを指します。
以前の「Cドライブがいっぱい!【1】うんちく編」で少しふれましたが、
「Cドライブ」と「Dドライブ」それぞれが「パーティション」ということになります。

例えばハードディスクの中にCドライブとDドライブを作成する場合、
「パーティションを分ける」という風に使います。

そして、今回のサブタイトルは「パーティションを変更する」ということで、
Dドライブの空いている領域をCドライブに追加する ということをしてみます。

ちなみにこのパーティションの変更はOS(windowsなど)をインストールする際に決定します。
このことは私も知っていたので、Cドライブがいっぱいでもうどうしようもないとわかったときは
OSの再インストールをしてしまおうかと思ったんですが、最後の悪あがきで調べたところ
パーティション変更ソフトの発見に至りましたぴかぴか(新しい)

長くなりましたが、早速その手順をご説明します。
まずはツールをダウンロードして、インストールします。

@http://www.partition-tool.com/personal.htmのサイト内の「Download」ページに遷移します。
A「EASEUS Partition Master Home Edition」の中の「Local Download 1」のリンクをクリックします。
Bダウンロードが開始されるので、わかりやすい場所にダウンロードします。
Cダウンロードして出来たファイル「emp.zip」(またはempと表示)を解凍します。
D解凍してできた「EPMSetup.exe」(またはEPMSetupと表示)というファイルをダブルクリックします。
partition_setup.jpg

あとは画面に従ってインストールしてください。
(わからない場合は、こちらのPDFファイルを参照して下さい)

デスクトップに出来たアイコンをクリックして、ツールを起動します。
partition_icon.jpg

起動画面です
partition_kidou.jpg

最初に表示される画面です。
easeus_00.jpg
英語ばっかりで「ギョ!」とされるかもしれませんが、簡単な英語ばかりですし、
手順通りにやっていけば、簡単に出来ますので、怖がらずにやってみましょうかわいい

画面の上部にあるC:とかD:とか書いてある表示が現在の使用状況で、
薄い黄色部分が既に使用して領域で、白い部分が空き領域です。

まず、Dドライブを選択し、「Resize/Move」ボタンをクリックします。
easeus_10.jpg

Resize/Move画面の領域表示の左端にマウスを合わせると、
以下のようなカーソルになるので、右側にドラッグします。
easeus_11.jpg

左側にグレイのスペースが出来ました。
OKボタンをクリックします。
easeus_12.jpg

次に、Cドライブを選択し「Resize/Move」ボタンをクリックします
easeus_20.jpg

今度は右側に、先ほどDドライブで減らした分が合わせて表示されています。
以下の画面のように、今度は右端を右側にドラッグし、Cドライブの領域を広げます。
easeus_21.jpg

広がったのを確認したら、OKボタンをクリックします。
easeus_22.jpg

画面左下にある「Apply」ボタンをクリックすると、いよいよパーティションの変更が実行されます。
easeus_30.jpg

2回ほど確認画面が出ますが、「YES」を選択してください。
あとは、待つのみ。。。
途中再起動されたりしてちょっとドキドキすると思いますが、大丈夫ですかわいい


処理が終わったら、もう一度Cドライブの容量を確認しましょう
partition_kakunin.jpg

Cドライブの空き容量が増えていたら、すべて完了ですぴかぴか(新しい)


なんで最初からこれを教えてくれないんだよー!という声も聞こえてきそうですがたらーっ(汗)
是非Cドライブの容量不足の場合はお試し下さいるんるん

また、フリーのソフトは不安・・・という方は、ヤ○○電機さんなどで有料のソフトも販売されているので、
そちらもご検討下さいわーい(嬉しい顔)


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年11月12日

Cドライブがいっぱい!【4】マイドキュメントの移動

Dドライブ・・・・
あるのは知っていたけど、どう使っていいのかわからなくて・・・
という方や
存在すら知らなかった・・・
という方

このDドライブを有効に使って、Cドライブの危機的状況を乗り切りましょうかわいい

ちなみに前々回ご紹介した『Glary Utilities』で見た
“Dドライブの容量”はガラ空きだったと思います。

そのガラ空きのDドライブを有効に使って、
少しでもCドライブの負担を軽減していきます。

まずは、『どうやってDドライブを操作するのか』ということなんですが、
以下の手順を使ってやってみて下さい。

cdrive_010.png

「スタート」メニュー⇒「マイ コンピュータ」
⇒『ハードディスクドライブ』内の(D:)と表示されているものをダブルクリック
(表示名はパソコンによって異なるので、(D:)となっているものを選びましょう)

そうすると、いつも見慣れたフォルダがあるウィンドウが出てきたと思います。
あとは自由にフォルダやファイルを追加できますひらめき

でも『この操作って慣れてないし、なんか面倒・・・』
という場合・・・
是非「マイドキュメント」の移動をやってみて下さい。

実は「マイドキュメント」や「マイピクチャ」は
CドライブからDドライブ移動させることができるんです。
そしてもちろん移動した後も、同じように何も気にせず使うことが出来ます。

マイドキュメントを使用していない場合は、さほど効果が出ないかもしれませんが、
いつも使用している場合は、是非やってみて下さい。

@「スタート」メニュー⇒「マイドキュメント」で右クリックし、「プロパティ」を選択します。
cdrive_011.png

A出てきたウィンドウの「リンク先」が現在のフォルダの居場所になります。
 「移動」ボタンをクリックし、場所を変更します。
cdrive_014.png

B移動先のフォルダを選択します。
 先ほど確認した「Dドライブ」を選択し、移動したいフォルダを選択します。
 まだフォルダを作成していない場合は、「新しいフォルダ」ボタンをクリックして、
 フォルダを作成します。
cdrive_012.png
フォルダが決定したら「OK」ボタンをクリックします。

C「リンク先」が変更されていたら、「OK」ボタンをクリックします
cdrive_013.png

D今あるファイルをすべて移動するか聞いてくるので、「はい」をクリックします。
cdrive_015.png

そうするとファイルの移動が始まるので、すべて移動し終わったら作業完了ですぴかぴか(新しい)

これで「マイミュージック」や「マイピクチャ」は「マイドキュメント」の中に
格納されているものなので、一緒に移動されます。

気になる方は是非やってみて下さい〜かわいい


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年11月02日

Cドライブがいっぱい!【3】パターン別整頓術編

気がつけば、早11月・・・
前回の連載から気がつけばひと月近くも過ぎてしまいましたm(_ _)m
では、今回は合併号として特盛増大号!!


前回のPC分析ソフト『Glary Utilities』で
自分のハードディスクの どのフォルダに容量が使われているのか
一目でわかったと思います。

それでは、その分析結果から、どのフォルダに容量がたくさん使われているのか、
たぶん以下の3つのフォルダのどれかに当てはまると思います。
@「Documents and Settings」フォルダ
A「Program Files」フォルダ
B「WINDOWS」フォルダ


@の場合ですが、
この「Documents and Settings」というフォルダ。
皆さんが(たぶん)よく使用されている「マイ ドキュメント」や「マイ ピクチャ」、
「マイ ミュージック」といったフォルダが格納されているフォルダなんです。
さらに「デスクトップ」や「メール」など、その名の通り、PCユーザーが使うドキュメントや
設定情報が入っています。

例えば、Windowsのユーザーアカウントが複数作成している場合など、
アカウントごとの「マイ ドキュメント」は別々に管理できるのですが、
それぞれの「マイ ドキュメント」は全てこの「Documents and Settings」フォルダに
格納されます。なので、一人一人は大した容量じゃなくても、合計すると
アララたらーっ(汗)ということがあり得ますので、その辺も含めて調査してみて下さい。

また、Windowsのメールソフト(Outlook Express、Microsoft Outlookなど)を
使用している場合、メールデータの圧縮なども有効かもしれません。

Outlook Expressでの方法を載せておきます。
cdrive_008.png
1Outlook Expressのメニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。
2「オプション」ウィンドウの「メンテナンス」タブを選択します
3その画面内にある「整理する」ボタンをクリックします。
4「ローカルファイルの整理」ウィンドウの「最適化」ボタンをクリックします。




次にAの場合ですが、
パソコンの動きが遅い!【2】 パソコンお掃除編』のAで書いた、
不要なソフトをアンインストールすることをオススメします。

アンインストールの方法を前回書いていなかったので、
やり方と不要ソフトの見分け方を載せておきますグッド(上向き矢印)

cdrive_009.png
1「スタートメニュー」→「プログラムのアクセスと既定の設定」をクリックします。
2「プログラムの追加と削除」ウィンドウの左上の「プログラムの変更と削除」をクリックします。

右上にある「並び順」をいろいろ変えて、「使用頻度」が低く、「サイズ」が大きいものを
優先的に削除していきましょう。
(使用頻度や最終使用日は、どうもデータが怪しそうでしたがあせあせ(飛び散る汗)

ここでの注意事項ですが、
あくまで自分がインストールした記憶のあるものだけを削除しましょう。
(中にはパソコンの音を出しているプログラムがあったりします。
 私はこれを削除して大変な目に会いましたがく〜(落胆した顔)

一覧の中のプログラム名をクリックすると、そのプログラムの詳細が表示されます。
削除するプログラムが決まったら、その詳細欄の「削除」ボタンを押すことで、
削除プログラムが起動しますので、指示に従って実行しましょう。


Bの場合、、、
これには私も困りました。
パソコンを動かすのに使用しているフォルダなので、他に移すことも消すことも
出来なかったのです。
なぜこのフォルダに容量がたくさん使われているのかというと、
Windowsはパソコンに不具合等があると、インターネットを介して、
自動でそのパソコンの修理を行ってくれているのです。
(パソコンの電源を切るときに、たまにプログラムをインストールしているアレです)
時が経てば経つだけ、いろんな不具合やセキュリティホールが見つかったりするので、
それに合わせてたくさんの修理を行う必要がある(らしい)のです。
そして4、5年も経つと、修理したソフトが溜まりに溜まるわけです。

ということで、この場合は次回以降に載せようと思っているので、
しばしお待ち下さい。


ちなみに@〜Bのフォルダ以外に容量がたくさん使用されている場合ですが、
もしそのフォルダを作った覚えがある場合は、他のメディアへ移動、または使っていないようなら削除して下さい。
身に覚えがない場合は、インストールしたソフトが使用している
可能性もあるので、フォルダ内を確認してそのソフトをアンインストールしましょう。


上記のいろいろをやってはみたけど、
確かに空き容量は少し増えたけど、
まだメッセージが出るの!!
という方で、
ご紹介した『Glary Utilities』で
「Cドライブ」の他に「Dドライブ」というものが存在した方・・・
朗報ですexclamation
まだまだそのパソコンを救う道はありますぴかぴか(新しい)

存在しなかった方・・・
残念ながらそのパソコンはかなり限界に来ていますふらふら
新しいパソコンの購入をオススメしますバッド(下向き矢印)

ということで、次回は「Dドライブ活用法」で、もう少し根本的な解決方法を
書いていこうと思います。(早くそれを言えって?)

待て、次号!



by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年10月09日

Cドライブがいっぱい!【2】チェック編

では現在の自分のハードディスクがどのような状況なのか
まずは確認してみましょう。

パソコンの動きが遅い!【2】 パソコンお掃除編を参考に、
「ローカルディスクのプロパティ」画面を見てみて下さい。

そうすると、おそらく空き容量が瀕死の状態であることがわかると思います。
(円グラフのムラサキ色の部分がかなり少ないがく〜(落胆した顔))
cdrive_003.png


まずは空き容量の確保が必要ですので、
パソコンの動きが遅い!【2】 パソコンお掃除編を参考に、
容量を確保作業に徹して下さい雷

ちなみに「お掃除編」で『写真や動画ファイルをCDやDVDに移す』と書きましたが、
最近は外付けハードディスクというものも多く販売されているので、
こちらも有効に使って、容量確保をするのもオススメですひらめき



お掃除後、もう一度「ローカルディスクのプロパティ」にて
Cドライブの容量を確認して下さい。
容量がたっぷり確保できた場合は、もう大丈夫です手(チョキ)


問題は、『この作業をすべてやったのに容量が足りない!
という方なんですふらふら
(実は私もつい最近までこれに悩まされていました。。。)

そこで、まずどこにその原因があるのかを探るため、
何がどのくらいの容量を使用しているのかが一目でわかる
無料ツールがあるので、ご紹介します。
↓ここを参考にインストールしてみて下さい。
http://freesoft-100.com/pasokon/glary_utilities.html

無事インストールができたら、早速ソフトを起動します。

表示された画面の一番上のタブの「モジュール」→左側の「ファイル&フォルダ」
→「ディスクの分析」をクリックします。
cdrive_004.png

クリックすると、分析のためしばらく時間がかかります。。。時計

分析が終わると、↓のような画面になると思います。
cdrive_006.png

さらにフォルダを展開すると、どのフォルダにどれくらいの容量を
使用しているかという一覧を見ることができます。
cdrive_007.png

「比率」が大きいものほど一覧の上部に表示されます。


さて、ここからは、容量をたくさん使用しているフォルダが何なのかによって
対処方法が異なってきます。

次回は、具体的な対処方法について、書いていきたいと思います〜


P.S
このツールは容量チェックの他、パソコンのあらゆるメンテナンスができるので、いろいろさわってみると思わぬ発見があるかもしれませんるんるん


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年09月30日

Cドライブがいっぱい!【1】うんちく編

4、5年以上前に買ったパソコン。
メールをしたり、写真を保存したり、いろんな文書を作ったり。
たくさんのデータをパソコンに押し込んでいた日々・・・

そんなある日、このようなメッセージが出たことはありませんか?
cdrive001.jpg

いつもいろんなメッセージが出るけど、とりあえず無視無視モバQ

という方も多いと思うのですが、
これはちょっと重要なメッセージなんですどんっ(衝撃)

このメッセージに書いてある『ローカルディスク(C:)』はCドライブといわれる
パソコンを動かすために必要なプログラム(システムファイルと言います)がたくさん格納されている場所で、そこがいっぱいになってしまうと、プログラムが正常に動かない、
つまりパソコン自体が動かなくなってしまうんですふらふら

と、突然まくし立ててしまいましたが、対処方法の前に
ディスクって?ドライブって?というところからまずはご説明していきます。



ドライブ』という言葉を調べてみると、
物理的に回転させることで機能する記憶メディアを駆動するための装置の総称
とありました。
フロッピーディスク、CD−ROM、ハードディスクなどがコレにあたるようです。
ここで重要なのが「ハードディスク」という代物。
“HDD(Hard Disk Driveの略)”と表記されることもありますが、
パソコン内のデータ保管場所がこのハードディスクになります。
cdrive002.jpg
↑実物がコレ。パソコンの内部に設置されています。

昔、パソコンに接続された記憶装置を
AとBはフロッピーディスク(最近はまったく見かけないですが…たらーっ(汗))
Cはハードディスク・・・
と振り分けた名残で、パソコン内部へのデータの保存場所のことを
“Cドライブ”と言うようですひらめき

ちなみに、私のパソコンを見てみると、DドライブとEドライブがあります。
EドライブはCD/DVDドライブなんですが、
DドライブもHDDドライブとして使われています。

でも、ハードディスクはパソコンに一つしかないはず・・・
(もちろん例外もありますが、家庭用PCの大半はHDDが一つのはずです)

これはハードディスクの記憶するスペースを二つに分け、
Cドライブはシステム用(パソコンが使うプログラム)、
Dドライブはデータ用(人が保存した画像や文書ファイル)として使うことによって
もしシステムファイル(Cドライブ)が壊れても、自分が作ったデータファイル(Dドライブ)には影響が無いよう、ハードディスクドライブに備えられた機能なんです。

この二つに分けられたハードディスクドライブが
今回の大きなカギパスワードになってくるので、
上に書いたウンチクを少し頭の隅に置いておいて下さいプレゼント

ということで、次回からCドライブの救出作戦を実施していく方法を
具体的に書いていきます〜ペン


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年09月27日

パソコンの動きが遅い!【番外編】

アンドフォストリーを立ち上げ、ホームページを公開してから早半年。
おかげさまで、少しずつですがパソコンお困りサポートや
ホームページ、チラシのご依頼をいただいています。
ありがとうございますぴかぴか(新しい)

そこで、ここ半年に多かった「パソコンで困った」事象と
解決方法をブログにアップしてみようと思い立ちました。
思い当たる方は是非参考にしてみて下さいね

さて、やはり一番多いのが、「パソコンが遅い!」というお困り。

これは以前にこのブログでもとり上げたんですが、
基本的な根本原因は「メモリ不足」という場合が多いように感じます。
(前回の記事はこちらをどうぞ♪)

あと前回記載した内容以外で多いと思ったのが
メモリ不足の上に、ウィルスソフトの機能過多と言いましょうか、
ウィルスソフトは必要なんですが、
それによってパソコンを遅くしてしまうことも多々あるので、
自分のパソコンのスペックに合ったウィルスソフトを
使用することをオススメしています。

ちなみにウィルスソフトは無償のものも結構あり、
中でも『AVG Anti-Virus』というソフトは
無償で、使いやすくて、なんといっても軽い!
ので、明らかにウィルスソフトが原因でパソコンが遅い場合には、
こちらのソフトをオススメしています♪
avg.png

「パソコンが遅い」の相談の次に多いのが「Cドライブの容量不足」です。
古いパソコンの場合、ハードディスクがCドライブとDドライブの
二つ用意されている場合が多く、Dドライブはガラ空きなのに
Cドライブがいっぱいで、困っているという場合です。

実はこれは私もさんざん悩んでいろいろ試したので、
それも含めて次回から書いていきたいと思います〜



by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月27日

パソコンの動きが遅い!【8】 メモリ設置編

そろそろメモリがお手元に届いたでしょうか?
(え?とっくの昔に??あせあせ(飛び散る汗)

それでは、いよいよメモリを設置する方法について
書いていこうと思います。

ちなみにパソコンの内部をさわるとき・・・
濡れた手たらーっ(汗)静電気雷
厳禁ですどんっ(衝撃)それだけは気をつけて下さい。
静電気は木や紙や金属を触ると大丈夫だそうです
http://altech.livedoor.biz/archives/51115039.html

また、パソコン内部にさわることが初めてで自信がない場合は、
データのバックアップをしておくことをオススメします。
何かあって大切なデータが見れなくなると大変ですので、手間を惜しまず…

ではまず、パソコン本体をパカッと開けなければいけません。
パソコンの電源を切って、本体に接続されているすべてのコードを外して下さい。

パソコンのカバーの開け方はパソコンによってかなり違います。
各パソコンの説明書に開け方が書いてあるはずなので、探してみて下さい。
もし、どうしても説明書が見つからない場合は、
各パソコンメーカーのサポートページで
説明書の電子ファイル版がダウンロードできる場合がありますので、
それを探してみましょう。

それでは
ねじを外し、パソコン本体をパカっと開けると・・・


たぶんホコリにまみれたパソコンの内部とご対面することになると思いますたらーっ(汗)

これはよく思うのですが、
パソコンは(超)精密電子機器なのに、皆さんパソコンに付着しているホコリに無頓着というか、部屋のホコリは気になっても、パソコンは『さわらぬ神に祟りなし』という感じで、とりあえず放置といったところでしょうか…

パソコンは今では本当によくできていて、
多少のホコリではびくともしなくはなってきていますが、
この機会に掃除機でそのホコリを一掃してあげて下さい。
いつも思い通りにいかなくて、イヤな思いをさせられているパソコンくんかもしれませんが、それ以上にたくさんのお仕事をこなしてくれているはずですから、是非いたわってあげて下さいかわいい

ちなみに掃除機で内部の電子基盤(緑色の部分)を触らないように気をつけましょう。

ずいぶん話が逸れてしまいましたが、
いよいよメモリ増設です。

まずはメモリスロットの場所を確認します。
スロットが2つある場合は、すでに1枚挿さっていて、
更に隣にスロットが1つ空いていると思います。
(スロットの場所も説明書に書いてあると思います)

メモリを挿す場所が確認できたら、
袋からメモリを取り出します。
メモリをさわるとき、最初に書いたように
濡れた手と静電気は厳禁です。

また、メモリを持つとき緑の部分や金色の部分には触れないよう、
↓の青丸で囲った部分で持つようにしましょう
memory08.png

そして、空いているスロットに垂直に入れます。
挿しこんだら、↓の青丸の部分を親指で押し込みます。
memory03.png
しっかり挿しこんだら、留め具がカチっと音がするはずです。
そうなれば挿しこみ完了です。

メモリを外す場合は、
↑の写真の赤丸の留め具を親指で押し込めば、
メモリが外れるはずです。


こうして予定のメモリを設置し終えたら、
パソコンのふたを元に戻して、パソコンの電源をONにしてみましょうひらめき
そして、パソコンの動きが遅い!【5】 メモリって?編で書いた、
システムのプロパティで、メモリ容量を確認してみましょう。
増設したメモリ容量が反映されていれば、完了ですかわいい

1GM以上のメモリを増設された方は、その快適さが体感できるのではないでしょうか?


これでパソコンの中身や内部がキレイになって、
整理整頓されて、パソコン自身が作業しやすい環境になりました。

ちょっと面倒でもありますが、
こまめにメンテナンスして、是非快適なパソコンライフをおくって下さいるんるん


3回くらいで終わると思っていた連載が8回も長々と書いてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
まだまだ勉強不足で、わかりにくいところが多々あったかと思いますが、皆さんのお役にたてれば幸いです。
間違いや質問などがありましたら、コメントをいただけると嬉しいです。

by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月17日

パソコンの動きが遅い!【7】 メモリの購入編

前回の更新からだいぶ経ってしまい、
お待たせしていた方(・・・がいたら嬉しいという願いも込めて)
大変申し訳ありませんm(_ _)m

では早速メモリ増設について、続きです〜グッド(上向き矢印)

前回、メモリ増設の準備は
1メモリスロットの確認
2メモリの型番の確認
3メモリの購入

があると書きました。
今回は、準備23について書いていきたいと思います。

メモリと一口にいっても(見た目にはほとんど同じでも)
実はたくさんの型や種類があります。
パソコンに合うメモリはそれぞれ異なり、パソコンに合わないメモリを挿してしまうと、
メモリを認識しないばかりか、下手をするとパソコンが壊れてしまう場合もありますので、
しっかりと確認しましょう。

というか、基本的に型が合わないと挿せないようにはなっていますが(^^;

確認する方法は、前回のスロットを確認したホームページで調べることができます。

↓バッファロー メモリ総合情報サイト
http://buffalo.jp/products/catalog/memory/

パソコンの型番を入力し検索すると、一覧が出てきますが、
その一覧の『機種名』にリンクが貼られているので、クリックしてください。
すると、以下のようなページが出てくると思います。
memory06.png
パソコンの詳細情報の下に、「メモリー」という欄があります。
その一覧の中の「対応製品」という欄が

対応メモリの型番

ということになります。これで、増設するメモリの型番の確認ができました。

さて、いよいよメモリの購入ですグッド(上向き矢印)

先ほどの画面で型番のリンクをさらにクリックすると、
メモリの料金や容量などが出てきます。
memory07.png

でも、
「いっぱい出てきて、どれにすればよいのかよくわかんないexclamation
という声が聞こえてきそうです…。


まず、気にしなければいけないのが、
前回お話した、メモリの最大認識容量。
私のパソコンでは、2048MB(≒2GB)でした。
ですので、4GBのメモリはまぁ必要ないということがわかります。

それ以外の512MB・1GB・2GBのどのメモリを選べばよいか・・・
512MBと1GBの値段を見てみると、数百円の差しかありません。
それだったら、1GBを買うのがお得ですネかわいい

それ以外の選択肢としては
@ 1GBのメモリを増設して、1024MBにする。
A 1GBのメモリを2枚増設して、256MBを取り外す。
B 2GBのメモリを増設して、256MBを取り外す。

ということになります。
(2GBのメモリを一つ買うより1GBのメモリを2枚買う方が何故かお得…)

こればかりは値段も各々異なりますし、メモリの認識容量も異なりますので、
今までの記事を参考に、ご自分で選んでみて下さい。

ちなみに実際の購入は
ネットでも買えますし、大型量販店(ヤマダ電機さんなど)でも
買うことができるはずです。

ひらめき一口メモ
私はいろいろ調べた結果、Amazonさんでメモリを購入しました。
結構安いですし、すぐに届くし、いろんなメーカーさんでの
比較検討もできたので、今はここで購入していますわーい(嬉しい顔)
BUFFALO D2/800-1G DDR2 SDRAM 800M 240pin DIMM



では増設するメモリがお手元に届く頃には
メモリ増設のやり方をアップできるように頑張ります(^^;


by yuki
posted by アンドフォストリースタッフ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月07日

パソコンの動きが遅い!【6】 メモリスロット確認編

では実際にメモリ増設の方法について、書いていきたいと思いますが、
まず、メモリがどういうものか見ていただきましょう。
memory04.jpg

「THE 機械の中の部品」という感じがして、とっつき難そうですが、
取り扱い方法さえ間違えなければ、作業はカンタンですかわいい


それでは実際の方法ですが、準備がいくつかあるので、順番にやっていきます。
1メモリスロットの確認
2メモリの型番の確認
3メモリの購入

まず1の『メモリスロット』ですが、
簡単に言うと「メモリを挿す口」のことです。
一般的に販売されているパソコンであれば、1つまたは2つ付いています。
(最近のパソコンは4つの場合もあるそうです)

自分のパソコンがどうなっているのかを調べるためには、
パソコン本体をパカっと開けてみても確認できますが、
パソコンの型番さえ分かれば、それを調べるサイトがあります。

↓バッファロー メモリ総合情報サイト
http://buffalo.jp/products/catalog/memory/

パソコンの型番は、パソコン本体の側面にシールが貼られているので、
そこで確認することができます。

さて、実際に上記サイトで検索した結果です。
memory05.png

私も、こんな仕事をしていながら、5年前に買ったEPSONのパソコンを使っています(^^;
でも今まで書いてきた方法でメンテナンスしたり、メモリ増設したことによって、
かなり快適に使用出来ていまするんるん


さて、上の表の見方ですが、
「ソケット」と書いてあるところが、実際のメモリスロットの数になります。
上の表では、『スロットが2つあり、1つは空いています』ということがわかります。
また、「メモリ」と書いてある欄の「標準」は最初に搭載されているメモリは「256MB」で、
「最大」は「2048MB」までメモリ増設できます、ということになります。


スロットが2つある場合、大抵1つは「追加してね〜」と
言わんばかりに何も挿さってない状態だと思います。
1つの場合は、現在使用しているので、メモリの追加は
できないため、メモリの『交換』になります。

ほとんどの場合は、スロットが2つ付いていると思うので、
メモリを追加することで話を進めていきます。
(交換の場合でも基本的には同じ作業になります)

それでは次からは実際に購入するメモリについて
書いていこうと思います。


※アンドフォストリーは明日から田植え休暇になります足
 次回の更新は5/11以降になります〜かわいい


by yuki



ちなみに・・・

私の使っているEPSONのパソコンですが、
5年以上前に購入して、まぁメンテナンスはよくしていますが、
まだかなり快適に使えています。
結構お安めですし、オススメですよ♪
エプソンダイレクト株式会社
posted by アンドフォストリースタッフ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月06日

パソコンの動きが遅い!【5】 メモリって?編

さて、ここまで主にディスクのお掃除や整理整頓について
いくつか書いていきました。
これで、ディスクの方はかなりメンテナンスされたのですが、
(ここまで書いておきながらなんですがあせあせ(飛び散る汗))これだけでパソコンの
処理速度が劇的に速くなるということはあまりありません。

では、どうすればいいのexclamation&question

ということで、いろいろインターネットで調べたりしたことがある方は
一度は『メモリの増設』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

さて、このメモリ。
ディスクを本棚に例えると、このメモリは「作業をする机」によく例えられます。
何か作業をしようと思った時、本棚からいくつか資料を取り出し
その『作業机』に広げて作業をするわけです。
この作業机が狭いと、いくつかの資料を同時に広げようとしても
一度にたくさんも広げられませんし、窮屈で作業にも時間がかかってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
作業机が広ければ、たくさんの作業をいっぺんに効率よくこなせるわけですわーい(嬉しい顔)
(ちなみにUSBに挿してデータをやりとりするUSBメモリとは異なるものです)

では、今どのくらいの『メモリ』がそのパソコンに設置されているのか
確認してみましょう晴れ


デスクトップ上にある「マイコンピュータ」アイコンで右クリックし、「プロパティ」を選択します
memory01.png
※デスクトップ上に「マイコンピュータ」がなければ、スタートメニューの中にある「マイコンピュータ」で右クリック

「システムのプロパティ」画面で「全般」タブにある
『〜GB RAM』(または〜MB RAM)という箇所がメモリの容量になります。
memory02.png

ちなみに↑は私のパソコンの内容ですが、
もともと256MBのメモリが搭載されていて、後で1GB(=1000MB)のメモリを増設したので、このように表示されています手(チョキ)

おそらく4年以上前に購入された方はこの値が『256MB』と表示されていないでしょうか?(またはその前後の数値)
その数値ではかなり『作業机』が小さい状態です。
できることならメモリ増設をオススメします。

このメモリ増設作業。。。
なんか難しそうだし、なんかあったら怖いし
ほんとに増設して効果があるかわからないし…

という方も多いはず。

でも、やってみれば意外にカンタンるんるん
メモリも昔に比べてかなり安くなってきているので、
今のパソコンに不満がある方は、是非やってみてはいかがでしょうかかわいい

分からないことがあれば、アンドフォストリーの
無料電話サポートにお電話いただければ、
そのお手伝いをさせていただきますわーい(嬉しい顔)
電話026-262-1314

では、次回はメモリ増設作業の準備について書いていきますペン



by yuki


本 オススメ本 本
こんなに簡単楽してわかるパソコン用語集 (LOCUS MOOK―こんなに簡単シリーズ)
posted by アンドフォストリースタッフ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月04日

パソコンの動きが遅い!【4】 ディスクデフラグ編

さて、前回までの作業で、パソコンの容量にだいぶ余裕が出たはずです。

それでは次に
『ディスクデフラグ』というツールを使って
パソコンの中を整理整頓していきます。

このディスクデフラグ、いったい何をしてくれるの?
ということですが、
前回のディスクのクリーンアップ編でディスクを本棚に例えましたが、
この本棚、容量がたくさん空いているときは順番にデータを
入れていってくれるのですが、
容量が少なっていくと、空いているところに(同じファイルなのに)
データを分けて収納していくんです
そうなると、画面上ではひとつのファイルを操作していても
本棚の中ではあっちを見にいったり、こっちを見にいったりで
とっても効率は悪くなるのですふらふら

それをキレイにまとめてくれるのがこのツールのお仕事なんですひらめき

それではその操作方法です。
※ちなみにこのデフラグは処理にかなり時間がかかるため
 時間があるときに行ってください。また、デフラグ中に他の処理を
 しないで下さい。


まずは
「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」を選択します。
defrag01.png

名前欄に「dfrg.msc」を入力し、OKボタンをクリックします。
defrag02.png

そうすると「ディスクデフラグツール」画面が表示されます。
まずは「分析」を行って、今のディスクの状態をチェックします。
defrag03.png

デフラグする必要があれば、以下の画面が出てきますので
「最適化」ボタンをクリックして下さい。
defrag04.png

これで最適化処理が始まります。
(20〜40分といった感じでしょうか)
ちなみにデフラグ処理の必要がなければ、
「最適化の必要はありません」というメッセージが表示されます。
その場合は、行わなくても大丈夫です。

さてデフラグを行った場合ですが、
処理が完了すると、メッセージが表示され、
デフラグ処理の前後の状態を確認することができます。
defrag06.png

ちなみに、ここまでの説明はWindowsXPでの説明をしてきましたが、
WindowsVistaやWindows7でもほとんど作業の仕方は同じです。
ただVistaからは自動でデフラグ処理を行ってくれるように
設定されているようなので、自分で操作する必要はないようですひらめき


これで、もしかするとすこーし
パソコンの動作がスムーズになったと感じる場合もあるんですが、
でもまだまだ満足のいくほどスムーズになったとはいい難いと思います。

では次回、パソコンの動作をスムーズにするための最高の処方箋
と言われている(?)『メモリ増設』について書いていこうと思います〜


by yuki


本 オススメ本 本
徹底図解 パソコンのしくみ―最新ハードウェアのテクノロジーから近未来パソコンまで (カラー版徹底図解)
posted by アンドフォストリースタッフ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年05月03日

パソコンの動きが遅い!【3】 ディスクのクリーンアップ編

今回はディスクのクリーンアップについて
具体的な操作方法を書いていきたいと思います。

前回の「パソコンお掃除編」でも少し書きましたが、
ディスクのクリーンアップとは安全で効率的にパソコンの中を
お掃除してくれるツール といった感じです。

ん?そもそも『ディスク』って?

すごーく簡単に言うと、
パソコンの様々なデータを保存しておく場所・もの
人間の生活で例えると「本棚」といったところでしょうか
(パソコン用語についても、後々ブログにアップしていく予定ですグッド(上向き矢印)

その本棚はパソコンでの全ての作業の記憶を蓄えておくので、
ちょっとしたメモから、もう使わなくなった古いモノ(データ)まで
どんどん蓄えていきます。

その無造作に内容の増えた本棚の中を使いやすく、
キレイにしてくれるのがこの「ディスクのクリーンアップ」のお仕事です。


さてさて、実際の作業のやり方ですが、
まずは前回の「ローカルディスク(C:)のプロパティ」を開いて下さい。

その中の「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックします。
disk_check_04.png

そうするとクリーンアップのための計算処理が始まります。
(少し時間がかかる場合もあるので、気長に待ちましょう)
計算が終わると、削除するファイルについてたずねる画面が表示されます。
その画面で「古いファイルの圧縮」という項目があるのですが、
使い方によっては、パソコンがより遅くなったと感じる場合もあるので、
わからない場合は、チェックをはずすのがオススメです。
disk_check_05.png

「OK」ボタンをクリックすると、削除処理が開始されます。
disk_check_06.png

↑の画面が消えたら、処理は終了になります。


前回の作業と今回のディスクのクリーンアップで
かなりディスクの空き領域が確保されたと思います。

それでは次に、そのディスクを整理整頓して
パソコンが操作しやすい環境を作ってあげる作業をします。

それはまた次回に〜〜〜手(パー)



by yuki


本 オススメ本 本
捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)
パソコンの調子をとりもどすリカバリー&バックアップのここがわからなかった!
posted by アンドフォストリースタッフ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年04月28日

パソコンの動きが遅い!【2】 パソコンお掃除編

さて、前回のパソコンの動きが遅い!【1】 うんちく編 では
いろいろ語ってしまいましたが(^^;
今回からは実際のメンテナンス方法について、
書いていきたいと思いますペン

まずは使用されているパソコンが
現在どういう状態にあるのかをチェックします位置情報

↓の操作方法を見ながら、「ローカルディスクのプロパティ」を開きましょう本
disk_check_01.png

disk_check_02.png

disk_check_03.png

ローカルディスクとは、ソフトを動かすプログラムや
写真やデータを保管してある場所です。
その保管場所の「空き領域」が少なくなると、パソコンの動作に
大きな負担となってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
「空き領域」が容量の1/4以下の場合は、パソコンのお掃除をしましょう
(1/4以上空いている場合でも、お掃除をするのはオススメです)

空き領域を増やすには、
1写真や動画ファイルをCDやDVDに移すCD
2使用していないソフトのアンインストールを行うダッシュ(走り出すさま)
3ディスクのクリーンアップを行うモータースポーツ
が有効的です。

1の作業についてですが、写真や動画ファイルはかなり大きな容量を使うため、
数が多くなると、その分ディスクの負担になってしまいます。
またパソコンに万が一のことが起こり、大切な思い出が消えてしまわないよう、
バックアップの意味でも半年に一度くらいは
CDやDVDにデータを移すようにしましょうかわいい

2の作業についてですが、
アンインストールとは、ソフトをパソコンから削除することです。
長期間使用していない・もう使用することはないソフトを
削除することによって、空き領域を増やす方法です。
これはいろいろなソフトをよくインストールされている方は
一度チェックすると良いでしょう。
※ただし、大切なソフトをアンインストールしてしまうと
 パソコンが動かなくなる場合があるので、
 わからない場合は、むやみにアンインストールはしないで下さいexclamation

3のディスクのクリーンアップは
ソフトが自動で作って、もう必要なくなったファイルや
ごみデータをキレイにしてくれるツールです。


では、次回はあまり馴染みがないと思われる
ディスクのクリーンアップについて詳しく書いていこうと思いますペン



by yuki


本 オススメ本 本
あと1年使うためのパソコン強化術 整理術、USBメモリ、フリーソフト、快速技であなたのパソコンはまだまだ使える! (サイエンス・アイ新書)
posted by アンドフォストリースタッフ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある

2010年04月27日

パソコンの動きが遅い!【1】 うんちく編

アンドフォストリーでは、

”誰もが快適にパソコンを使えるように”
を合言葉に、『パソコンお困りサポート』を行っています足

その一環として、パソコンを使っていて、
誰もがよく遭遇する疑問やお困りごとを
少しずつブログでアップしていこうと思いますグッド(上向き矢印)

こちらも是非ご参考下さいるんるん


さて、第一回は
パソコンを使っていて、一番不快なことは
「パソコンの動きが遅い!」
ではないでしょうか?

パソコンやインターネットの技術革新は日進月歩ならぬ
『秒進分歩』とも言われるくらい早いものです。
なので4〜5年も経つと、もう時代の流れに
追いつけなくなってしまうわけです時計

でも2〜3年でほいほい買い替えられるくらい
安価なものでもないため、困っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?

でもパソコンも人間や車と同じように
メンテナンスを行うことによって
老化を少しでも遅らせることが可能なんです。

使ってらっしゃるパソコンを
「遅くてダメなヤツ!」と罵らず(笑)
少し手をかけてやって、かわいがってあげてください。
そしたらきっといい仕事をしてくれますよ♪


さて、うんちくはこの辺にして、
実際のメンテナンス方法についてですが、

かわいいパソコン内のお掃除
かわいいパソコン内の整理整頓
かわいいパソコンの作業をしやすくしてあげる

という3つが主なメンテナンス方法として挙げられます。

次回は『パソコン内のお掃除』の方法について
具体的な方法を書いていきますペン


pc_and_flower.jpg

by yuki


本 オススメ本 本
500円でわかるパソコン―基本がわかる、「困った」も解消 (Gakken computer mook)
いまさら聞けないパソコン活用術 疑問やトラブルを自分の力で解決する技を身につけよう (サイエンス・アイ新書 26)
posted by アンドフォストリースタッフ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンお困りあるある